ni_faの 気晴らし ゆるかめぶろぐ(*´ω`*)

主にカメラや写真について暇つぶし的な内容を書いていきます

皆様お久しぶりです

皆さんこんにちは。ni_faです。

永らくブログを更新できずにすみませんでした(´•ω•̥`)

兎にも角にも仕事が忙しく、前回の更新から間もなく1年経ってしまううう( ノД`)

という驚愕な月日の流れの速さでした。

 

写真歴に関しましても紆余曲折ありまして、今までのブログにも書いたとおり、

CANON EOS70D」をメイン機材にはしていますが、ここで今回新たなマウントを追加いたしました(⸝⸝⸝´ꇴ`⸝⸝⸝)

 

それはなんと・・・

 

「Xマウント!!」ヽ(゚∀。)ノヒャッハー!!

 

そう、あの富士フイルムのマウントをとうとう追加してしまいました。

前回の記事で富士フイルムのx20という機種を気に入っていると何回か書いていましたが、その後にx100T

fujifilm-x.com

という機種を買い、完全にその色味に惚れ込んでしまいました(๑'ᴗ'๑)

このx100Tという機種はGRと同じで単焦点の高級コンデジなんです。

(因みにx100Fが年明け1月か2月に発表されそうなんでそれも楽しみです。)

単焦点の高級コンデジといえば私が普段よく使っているRICOHのGRです(`_´) 

28mmという画角は汎用性が高く、私達が今一番見慣れている画角ですよね。

というのもiPhoneが28mmの単焦点レンズですから。

その28mmが好きだったので35mmの単焦点を持つx100Tは正直スルーしていました( ゚д゚ )

 

しかしこのx100Tにはなんと28mmのワイコンと50mmのテレコンがあるじゃないですか!

fujifilm.jp

28mmと35mmと50mmの標準画角御三家があれば撮れないものはにゃい|ω・)و ̑̑༉

とここまで説明すれば私の物欲が暴走したことは言うまでもありません(。-∀-)

この時は古いx-pro1を買うのもどうかと思ったので、x100Tを買うに至ったわけです。

では早速どんな写りなのかを見てもらいましょう( ˊᵕˋ*)

 

 

f:id:ni_fa:20161204150755j:plain

藍染の写真です

 

 

f:id:ni_fa:20161204151008j:plain

柵越しの写真ですがプロビアはいいですね

 

 

f:id:ni_fa:20161204150919j:plain

 干しているTシャツ

 

 

とにかく開放f2.0の優秀なフジノンレンズですから、写りも素晴らしく、開放は甘めで、絞ればキリッと2度の味わいがあるレンズです。それと何と言ってもFUJICOLORですね。

CANONの色味も個人的に好きなのですが、やっぱりRAWを弄る方が自分の好きな色味になります。

しかしx20でもそうでしたが、富士フイルムの色味は撮って出しが一番いいです。これが一番大きい(*´╰╯`๓)♬

自分の場合はハイキーに振ることでゆるい写真が撮れるのでこのx100Tは本当に重宝しています。

 

さてさて話が戻りますが「Xマウント!!」を追加したと言っときながらx100Tじゃねーか(ꐦ°᷄д°᷅)

という声が聞こえてきましたが、もちろんレンズ交換式カメラではない高級コンデジのx100Tは違います。

 

「Xマウント」ですからね。

 

話が長くなってしまったので次回のブログで紹介します(;´Д`A